産後の乳首の色を元に戻す方法

妊娠をすることで乳首の色が黒くなってしまうのが一般的です。たとえきれいなピンク色をしていたとしても出産をする頃には大分色が黒くなっているはずです。

赤ちゃんの授乳と女性ホルモンが乱れることによってメラニンが分泌され色素沈着をしてしまうので防ぐのは難しいです。

しかし、出産も終わってある程度授乳期間が過ぎてくると元の色に戻るかとおもいきや、大抵は色が変わらず黒いままとなっています。

もともとが肌の手入れを頻繁にして美肌だった人であれば女性ホルモンが分泌される周期が正常になることで肌のターンオーバーによって多少色が元に戻ることもありますが、普通の人はそうではありません。

そのままの黒い色となってしまうので、美白を行わなければならないのですね。

ここでは産後の乳首の美白方法を紹介していきます。もしもあなたが色を元に戻したいと思うのであれば是非、実践してみてください。

産後の乳首を美白する方法

乳首の美白といっても特別なことをする訳ではありません。
美白化粧品を使って皮膚の奥底まで保湿成分や美容成分を浸透させることによってターンオーバーが促進されるので古くなった皮膚の細胞を剥がれ落とすことができるようになります。

色が黒くなっているのはメラニンが皮膚に色素沈着を起こしているので、その古い皮膚を剥がして新しい皮膚を作り出す肌の働きを利用していくのですね。

乳首の美白化粧品を用いれば良いだけなのですね。
ただ、もちろん他の肌トラブルと同じようにクリームを毎日塗っていれば美白ができるかというとそうではありません。

ストレス、食生活の乱れ、運動不足、肥満、睡眠不足などの悪影響なことがあれば化粧品で改善効果が発揮されても、生活習慣で悪影響なことばかりでは時間がかかります。

毎日乳首の美白をしながら、少しづつ散歩をしたりなど運動をするようにしていった方が良いです。これは何も美白だけではなく、産後は太ってしまっていたり、薄毛やニキビがあらわれやすい時期でもあります。

からだをあまり動かしていなかったからとだらだらしていると、どんどん体系的にだらしない女性へとなってしまうので注意が必用です。出産後にぶくぶく太ってしまい後悔している人も非常に多いです。

乳首の美白化粧品を選ぶ際の注意

乳首の美白化粧品を選ぶ際には必ず乳首に付けても問題がない化粧品なのかを確認しなければなりません。

顔に付けることができる低刺激のクリームであろうと乳首につけるために作られている訳ではないので、どこまで低刺激になっているのかも変わってきます。

刺激に敏感な部分となるので、使う化粧品については気おつけなければならないのですね。

大抵の人は最初から乳首につける為に作られている化粧品の利用をします。刺激は逆に乳輪の色を黒くする原因でもあるので、安全な方法を利用した方が良いに決まっていますからね。

産後の乳首を美白して元の色に戻したいのであれば、乳首用に作られた美白化粧品を利用するようにしましょう。

SNSでもご購読できます。