妊娠すると乳首が黒い原因は赤ちゃんに関係している

妊娠した妊婦さんの色は乳首の色が黒いって話があります。

これは実際に出産を経験した女性なら分かるのですが、事実です。お腹の中に赤ちゃんができはじめると段々と乳首の色が変化をしていき、色が黒くなってしまうのですね。

これにはいくつか原因がありますが、その内のひとつは科学的に証明がされていないのですが、事実に近いと認識がされています。実際に色が変化している人が多いですからね。

乳首が黒くなってしまう原因は全部で2つあります。

一つ目が女性ホルモンの変化

二つ目が赤ちゃんが授乳する時の目印となるため

色素沈着する為なんて答える人もいますが確かに原因ではあるので間違っていません。ただ、何で色素沈着をするかの理由も全く分からないので大分不適切な回答だと思います。

この記事では妊娠すると乳首の色が黒い原因を分かりやすいように解説していきます。

乳首が黒い原因の2つを解説

女性ホルモンの変化

女性には体内にエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2つの女性ホルモンが日々作られ分泌されています。これらの女性ホルモンには肌の弾力などの女性らしいからだつきを形成する役割を行っています。

美肌を作るためにかかせない役割をしているのですね。

女性ホルモンの合計の分泌量に関しては変わらないのですが、生理の周期にあわせてそれぞれの分泌量は異なってきます。

妊娠をすることで同じように女性ホルモンの分泌量に変化が起きるのですが、通常時とは違う動きをすることになります。エストロゲンとプリゲステロンのそれぞれの分泌量が異なってくるのですね。

女性ホルモンの乱れなんていわれるのですが、乱れることによって肌のコンディションが損なわれてしまいます。そのため、古い皮膚細胞を排出して新しい皮膚細胞を作る働きでターンオーバーと呼ばれるのがあるのですが、正常に働かなくなってきます。

そのため、色素を持ったメラニンが肌に沈着したまま剥がれずに残ってしまうので、乳首の色が黒くなってしまいます。

本来であればメラニンが分泌されてもターンオーバーの働きで古い皮膚細胞と一緒に外に排出されてしまうのですが、正常に働かなくなることで肌に残ってしまうので色が変化をしているのですね。

赤ちゃんが授乳する時の目印となるため

二つ目の原因が科学的に証明はされていないものの、事実であると考えられている理由です。

産後まもない赤ちゃんは色々な機能が発達していません。そのひとつが色を判断する能力です。

乳首がピンク色だと肌に近い色をしているので赤ちゃんの目では乳頭を見つけることができません。そのため、授乳をする際にどこを吸えば良いのか分からなくなってしまいます。

そのため、妊娠をすることによって女性の身体はメラニンを過剰に分泌させて乳首が黒く目立つようにする働きがあります。肌の色と乳首の色が異なってくるので赤ちゃんが色素判別能力が低くても簡単に見つけられるようにしているのですね。

生物学上の働きであり、科学的に立証することはできないのですが、正しい説だといわれており、産後に乳首が黒い原因として有力となっています。

妊娠すると乳首が黒いのは色素沈着

妊娠すると乳首が黒い原因の2つについて詳しく解説させて頂きました。

女性ホルモンの乱れと赤ちゃんの授乳の為に色素を持ったメラニンが体内で大量に分泌がされるようになり、肌のターンオーバーが正常に働かないことで色素沈着をした皮膚が体内に残ってしまうのですね。

そのため、メラニン色素の分だけ色が変化をしてしまっているのです。

妊娠すると黒くなるのに関しては防ぐことはできないです。ピンクのままだと授乳に障害もでてきてしまいます。育児の為には必要不可欠なことなのですね。

ただ、授乳さえ終われば美白を行っていき、もとの色に戻そうとすることは可能となります。勝手に色が元に戻ってたなんて言う人もいますが、基本的には美白対策を行わなければ変化はしません。

美肌対策を行っている人であれば産後に肌のターンオーバーが正常になることで色素沈着をした古い皮膚細胞を剥がすこともありますが、基本的にはケアをしないと変わらないと考えた方が良いです。

後は40代、50代となってくると色素が薄くなってくるのでそれまで待つしかありません。

SNSでもご購読できます。