妊娠して乳首が黒くなるのは出産すれば元の色に戻るのか

妊娠をすると多くの人が乳首が黒くなってしまいます。

肌の色と乳首の色の濃さが全く異なってしまうので、少し不細工なからだとなってしまいます。とてもじゃないですが、キレイな胸とは言い難いと思います。

どうせなら妊娠前と同じ色に戻って欲しいですよね!?

出産をして少しづつ元のピンクに戻って欲しいと考えるのはあなたもそうだと思います。しかし、残念ながら何のケアもせずに黒くなった乳首がピンクになることはほとんどありません。

一部の人は確かに元に戻ることもあります。しかし、多くの人はケアをしない限り元に戻るなんてことはありません。

それには乳首の色が黒くなっている原因が関係しています。

妊娠をすると女性ホルモンの分泌量が乱れてしまうので肌のターンオーバーが正常にいかず、色素沈着をした皮膚が身体の中に残ったままとなります。そのため、色が変化をすることになります。

出産をすることで女性ホルモンが正常に分泌されるようになり、肌のコンディションも良くなりターンオーバーがしっかりと働くようになります。この働きによって出産後にメラニンが排出され元の色に戻ることがあるのです。

ただ、多くの人はそこまで急激に肌のコンディションが良くなる訳ではありません。

生活習慣の乱れや育児によるストレスなどによって、正常にターンオーバーが働く人は少ないのですね。妊娠ニキビや産後薄毛って言葉があることから分かるとおり、美肌とは遠い存在となってしまうのです。

そのため、乳首の色は戻らずメラニンが肌に残ったままとなるので、色が黒いままとなってしまいます。

産後に美白対策をする人も多い

産後まじかに関しては赤ちゃんに授乳をしなければなりません。

そのため、下手に美白対策を行って赤ちゃんの口に変な成分が入っても困るので何もケアをしない人が多いです。一部、時間を調整しながら美白対策を行う人もいますが、あまりおすすめすることはできません。

ある程度時間がたてば授乳も必要なくなってきます。

それから乳首の美白ケアを行っていくのですね。乳首用の低刺激で作られている美白化粧品が販売されています。

乳首に塗るために低刺激で作られた専用の美白化粧品が販売されているので、毎日ケアを行っていくのですね。授乳することで乾燥したり皮切れを起こしたりもしているので、一石二丁でケアを行うことができます。

保湿成分や美白成分を肌に浸透させていくことで皮膚のターンオーバーを促すのが目的となっており、色素沈着し古い皮膚細胞を角質と一緒に剥がし、新しいキレイな皮膚を形成させていきます。

乳首の色は基本的に何のケアもしなければ元の色に戻るなんてことはありません。50代ごろになってくると女性ホルモンの分泌がほとんどなくなったり、色素も段々と薄くなってはきます。

しかし、老後まで待てないのであれば乳首の美白対策をするようにしましょう。

SNSでもご購読できます。